2019年のWebデザインの最新トレンド

デザイン

Webデザインにも様々な技術やデバイスにも変化があり、2019年はどのようなWebデザインが流行るのでしょうか?

年も明け、今回は2019年に流行るであろうWebデザインの最新トレンドについて、ご紹介します。

太字のタイポグラフィ


https://yamadamura.jp/

太字でくっきりとしたテキストのデザインは、それだけでデザインのアクセントになります。

くっきりとしたタイポグラフィは、誠実な姿勢や正直なイメージを想起させることによって、見る人に信頼感や安心感をもたらします。

米屋のにぎりめし「山田村」のおにぎり専門店のサイトです。
アイコンや綺麗な画像とタイポグラフィが組み合わさって、力強い印象を与えます。
アニメーションとの相性もGOOD!

スプリット(分割)レイアウト


http://otanijun.com/

画面を大胆に分割することで要素を対比させたい場合や、片方をメインエリア、もう片方をサブエリアとして印象的なWebサイトにする際に効果的なデザイン手法がスプリットスクリーンレイアウトです。

2018年も流行りましたが、引き続き注目していきたいです。

ノングリッドレイアウト


https://www.abcd-architecture.fr/

テキストや画像を規則的に配置していくレイアウト方法がグリッドデザインと言われますが、
そうではない、ノングリッドレイアウトを一言で言えば「グリッドにとらわれない自由なレイアウト」になります。

ノングリッドデザインで作られたサイトはまだまだ多くないので、他のWebサイトと差別化を図るためにはとても有用なデザイン手法です。

ナチュラルで自然な図形、液体シェイプ


https://pogg-sweetpotatopie.com/

流体シェイプとは、波間のような滑らかな曲線のことを指します。

流体状のシェイプと、柔らかい動きのアニメーションを組み合わせたデザインは今年に入ってからよく見かけるようになってきました。

Google chromeのアップデートで、検索バーなど全体的に丸みを帯びたデザインへと変更されていたこともあり、これからの流体シェイプのトレンド性が示唆されているように思われます。

鮮やかな配色

https://www.thermo.io/

2017年から始まった鮮やかな配色のブームは、2018年最も重要なWebデザインのトレンドとなり、2019年も同様に続くと思われます。

明るく鮮やかな色をさまざまなテクスチャと組み合わせることで、より新しいグラデーションカラーの発見につながる可能性があります。

ミニマリズム


https://notepin.co/

ミニマルデザインとは無駄な要素を省き、要素を必要最小限まで省略する表現スタイルですので、
より洗練されたデザインに仕上げることができます。

ミニマルデザインを作るためには、グリッドレイアウトできちんと余白を取り入れ、タイポグラフィやコントラストのバランスを上手く取り入れることが必要になってきます。

ここ数年間流行のデザイン手法ですが、今後も流行は続くと思われます。

マイクロ・インタラクション

マイクロインタラクションはUXデザインのホットなトレンドになり、ユーザに重要なフィードバックを提供したり、機能を説明したり、楽しませたりするのに役立っています。

マイクロインタラクションを使うことで、デザイン及びサイト上でのユーザ体験全体に大きな影響を及ぼすことができます。

使いやすさを考慮してデザインを行う場合は、マイクロインタラクションにしっかりとこだわってデザイン制作を行うことが1つのポイントとなるでしょう。

VUI(音声ユーザー・インターフェイス)

最近、GoogleのTVコマーシャルをよく目にするようになったと思いませんか?
これは、TVコマーシャルを通じて音声検索の使い方を紹介し、より一般ユーザーの認知拡大が狙いだと想定できます。
今後のサイト制作に音声検索を意識することは必要不可欠となってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昨年からも引き続きユーザビリティに関しては重要になりそうです。
特に音声検索等のVUIとの連携も大切になってきます。

また自由なレイアウトも増えてくることが予想されます。

最新のデザイントレンドをしっかりと押さえ、そのデザインの目的をしっかりと意識し、ユーザーに最適なデザインを作り上げるようにしましょう。